電子書籍?紙の本?Kindleを使っている私が考えるメリット・デメリット。

電子書籍派?紙の本?みんなはどっち派?

我が家が手狭になってきたので、徐々に電子書籍へ移行していってます。

我が家で利用している電子書籍リーダーは、

Kindle!

インターネットでモノを購入する時は、常にAmazonを利用しているので、、電子書籍もAmazonが提供しているKindleを利用することにしました。

今回は電子書籍のメリットデメリットを私なりにまとめてみます。

なぜ電子書籍を利用するのか?

私が電子書籍を利用する目的はたった一つ。

それは、家のスペース確保のためです。

最近は育児のため、部屋にモノがあふれています。

なくせるものは無くしていきたいこの状況。

本は積極的に、電子書籍に移行してスペースの確保を行っています。

電子書籍のメリット

では、私の思う電子書籍のメリットを述べてみます。

家のスペース確保ができる

Kindle端末1台、またはスマホにインストールしたKindleアプリに全ての書籍を収納できるので、スペースを空けることができます!

持ち歩きが容易

外出先で2冊の本を読みたい場合、紙の本の場合は2冊持ち歩く必要がありますが、電子書籍の場合は1台、もしくはスマホにKindleアプリをインストールしている場合は、普段の持ち物だけで本を読むことができます!

気になった時にすぐ読める

外出先などで時間ができた時に、ふとあの本読みたいってことありますよね?

スマホにKindleアプリをインストールしておくと、そんな急に思いついた時にも読みたい本を読むことができます。

欲しい本をすぐ購入&読むことができる

今欲しい!今読みたい!って本にであったとき、ボタン一つポチっとすれば、すぐにその本を購入して読むことができます。

紙の本の場合は、近くの本屋にいかないといけないですからね。

しかもその本屋にあるとも限らない。。。

電子書籍の場合は、在庫切れもありません。

ただ、欲しいと思った本の購入を我慢できない私にとっては、すぐにポチッと購入してしまうので、実はデメリットでもあります。。。

電子書籍のデメリット

逆に私の思うデメリットについてもまとめてみたいと思います。

勉強には向いていない

勉強で読む本の場合、メモを書き込んだりしたいので、紙の本の方が勉強しやすいなと思っています。

これは慣れの部分が大きいと思いますので、いずれは電子書籍に一本化したいと思っています。

小説を読むには向いていない

諸説あります。私は向きませんでした。

小説を読むには雰囲気も重要です。

小説を読んでるよ感。私、小説読んでますよ感。

電子書籍ではこれを出すことができないので、小説は紙の書籍で読むよういしていますw

欲しい本が電子書籍化されていない場合がある

よし買おうってなった時に電子書籍化されておらず、電子書籍で読むことができない可能性があります。

最近は電子書籍化されていないケースはかなり減りましたが、少し前の本の場合、電子書籍化されていない場合があります。

電子書籍は売ることができない

本が不要になった時、紙の本の場合は売ってお金に変換することができますが、電子書籍は売れないので、それはできません。

売るって機能を安くてもいいので導入してくれないかな。。。

そうすれば、もっと気軽に購入して電子書籍の活性化に貢献するのに!

友人に貸すことができない

紙の書籍の場合、「この本面白いから読んでみてー!」と、貸したり、あげたりすることができたのですが、電子書籍の場合できません。

友人に、この本をどうしても読んで欲しいって場合に貸せないので、これまでできていた本の感想を語り合うコミュニケーションがなくなっている可能性があります。

本棚に本がどんどん溜まっていく

必要がなくなった本を、電子書籍(Kindle)の本棚から消すってことができません。

探したい本を探す場合などに無駄な情報になるので、不要な本は削除したいのですが、できないのが地味に痛いです。

私の結論

現時点では、全部を電子書籍には移行できない!

が結論です。

読む書籍によって、電子書籍で購入するか、紙の書籍で購入するかを変えて活用しています。

基本的には、Kindleで購入することをメインで検討します。

今回は電子書籍の私なりのメリット・デメリットについて書きました!

皆さんも是非参考にしてみてください!