【2020年版】夏はやっぱり甲子園!開催日はいつ?予選はいつから?高校野球を楽しもう!

【2020年版】夏はやっぱり甲子園!開催日はいつ?

2019年の「第101回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)」のでは、大阪府代表「履正社」が春夏通じてはじめての全国制覇。北陸勢として初の全国制覇を目指していた石川県代表「星稜」は惜しくも、準優勝。

さて、2020年夏の甲子園では、どんなドラマが繰り広げられるのでしょうか!

2020年夏の甲子園開催日程

2020年に開催される「第102回全国高等学校野球選手権大会」の日程が決まりました。

2020年夏の甲子園

2020年8月10日(月)開幕

決勝戦は雨等による順延がなければ、8月25日(火)

2019年大会は「8月6日(火)~8月22日(木)で開催されており、2020年の甲子園は例年より開幕が遅れます。これは2020年8月9日まで開催される東京オリンピックの影響によるものです。

地方予選はいつから?

現在はまだ発表されていません。

2019年の地方予選大会の日程は、

2019年夏の地方予選大会

2019年6月22日(土)~7月28日(日)

で開催されました。

また、新しい試みとして東西東京大会で準決勝・決勝がはじめて東京ドームで開催されることが発表されています。

これまで使用されていた神宮球場は東京オリンピック・パラリンピックで利用されているため、東京ドームでの開催が決まりました!

これも球児はもちろんのこと、我々高校野球ファンも楽しみの開催ですね!

2020年の夏はどのような高校が甲子園出場の権利を得るのでしょうか!

みなさんで高校野球を盛り上げていきましょう!