最終回を向かえた「めちゃイケ」の思い出を語る!オファーシリーズが特番で復活?

めちゃイケは青春

めちゃイケが、2018年3月に終了。21年半の歴史に幕を下ろした。

21年半の歴史は30代の私にとっては人生の大半を占めており、今でも土曜日が来るたびに「めちゃイケ」を思い出します。

いつか終わるとは思っていたけど、本当に終わってしまう日が来るとは。。。

ブログタイトルに書いた通り、めちゃイケは僕の青春でした。

めちゃイケの最終回。

ナインティナインの岡村 隆史さんが、涙ながらに「めちゃイケは僕の青春でした」と発言した時、感謝の気持ちとともに自然と涙が出た。

めちゃイケは僕の青春でした。

めちゃイケとの出会い

「めちゃ×2イケてるッ!」に出会ったのは、前身番組の「めちゃ2モテたいッ!」の放送をたまたま観たこと。

まだ小学生だった僕にとって、23時台に放送されていた「めちゃモテ」に出会えたのは、本当に奇跡。

気づけば、できる限り毎週観るようになっていた。

そして「めちゃモテ」は「めちゃイケ」に。放送時間も土曜8時に。

オファー企画第一弾

めちゃ×2イケてるッ! ガチコン言わしたるッスペシャル!

土曜8時に昇格した「めちゃイケ」は相変わらずおもしろかった。

ただ、ここまでだと「とっても面白いお笑い番組」だったと思う。

そしてあの伝説の企画に出会う。

1997年10月4日に放送された『めちゃ×2イケてるッ! ガチコン言わしたるッスペシャル!』!

今では「岡村オファーシリーズ」と銘打たれている企画の第1弾。

ナインティナインの岡村 隆史さんがジャニーズJr.に入り、SMAPのコンサートに飛び入り参加するという伝説の企画。

笑いと努力とカッコ良さと衝撃と感動と、そして笑い。

岡村さんがダンスを練習する努力があり、カッコ良さがあり。

やってはいけないと中居くんに釘を刺されてしまったことに対して、やっちゃわないかなという緊張と、結局やってしまっての衝撃!

そして押し寄せてくる感動と笑い。

完全に岡村 隆史とめちゃイケの虜になっていました。

番組内に出てきたウィンドミル(ブレイクダンスの技)を何度こっそり練習したことか(未修得)。

本当にビデオテープが擦り切れるほど観ました。

そこからは最終回までの21年間、めちゃイケは僕の土曜日の日課となった。

ナレーションとテロップ

めちゃイケのテロップ

めちゃイケがおもしろかったのは、ナレーションとテロップが秀逸であったことが大きく影響していると思う。

ナレーションを務めていたのは、木村 匡也さん。

めちゃイケのナレーションの特徴は「文字数が多く」「早口」であるにも関わらず、「心地がよい」ということ。

めちゃイケのナレーションは、監督である片岡 飛鳥さんが書き上げており、ワードセンスはもちろんのことですが、その特徴は、通常の文字量の倍の文字量を話させるというものだったみたいです。

めちゃイケ特有の心地がいいナレーションは、片岡 飛鳥監督とナレーター木村 匡也さんだからこそ、なせる技だったのかもしれません。

テロップのセンスもとても秀逸でした。

特に漢字一文字テロップがお気に入り。

「怒」とか「笑」とか「!?」とか。

一目見れば、めちゃイケ!ってわかるテロップ。

初期から最終にかけて、全然色褪せることなく、ずっとおもしろいテロップを提供してくれました。

エンディングテーマもよかった!

めちゃイケのエンディングテーマは耳に残るものばかりだったと思います。

最初の頃は、JUDY AND MARYさんがとても印象的。

と言ってもあまり音楽に興味がなかった私は当時JUDY AND MARYさんの楽曲であることを知らなかったのですが。

めちゃイケのエンディングテーマに使用されていたJUDY AND MARYさんの「BLUE TEARS」と「Hello! Orange Sunshine」。

今でもこの2曲が流れているのを聴くと、「JUDY AND MARY!」よりも先に「めちゃイケだ!」が先にきて、とても懐かしい気持ちになります。

最後に

めちゃイケ最終回

めちゃイケは番組開始時に若手だったナインティナインをはじめとするメンバーの成長物語だったと思う。

笑いあり、努力あり、感動あり。

ただのお笑い番組でなく、青春お笑いドキュメント番組。

そんな感じ。

きっとめちゃイケはメンバーみんなが成長しきったため、最終回を迎えることになったのだと思う。

いまだに最終回を向かえてしまったことはとてもかなしいけど、それでよかったのだと少し思えるようになってきた。

とはいえ、今でも土曜日の夜はめちゃイケを思い出して、懐かしい気持ちと寂しい気持ちになる時がある。

土曜日はめちゃイケがないと土曜日ではない!みたいな。

めちゃイケメンバーが共演しているところを見ると「あ!めちゃイケだ!」と、とても懐かしく、嬉しい気持ちになれる。

最近とある騒動がきっかけで、ラジオ(オールナイトニッポン)で岡村さんが加藤 浩次さんについてコメントしたことがあった。

めちゃイケのメンバーには、ずっと仲良くあってほしい。

そしてまたいつか、めちゃイケを観せてほしい。

自分の中で、めちゃイケを超える番組はもう現れないだろう。

それ程、特別で大好きな番組。

ジャニーズJr.に入ってSMAPのコンサートに飛び入り参加した伝説の「岡村オファーシリーズ」がもう一度観たいな。

DVD・Blu-rayになってくれないかな。

最後の最後に。

岡村さんの結婚報道が聞けることを心待ちにしています。