色んなももクロをお届けしたい!ももクロが「涙」するライブを紹介します!

ももクロと涙

いつも元気で笑顔のももクロちゃん。

でも、ライブでは時折涙を見せることもあります。

そんないろんな表情を見せてくれるからこそ魅力的なんですけどね。

そんなももクロのことをもっと知って欲しい!

ということで、今回は「涙」×「ライブ」というキーワードで「ももいろクローバーZ」を紹介したいと思います!

はじクロ

モノノフ初心者必見!ももクロを知るには「はじクロ」を観るべし!興味がなくても観るべし!

2019/07/19
ももクロは夏ライブが最高!

夏だ!ライブだ!ももクロは夏ライブが最高!おすすめのライブDVD・ブルーレイを紹介します!

2019/07/16
ももクロ初心者におすすめのライブDVD・ブルーレイはこれ!

ももクロ初心者におすすめのライブDVD・ブルーレイはこれ!ももいろクローバーZを語りたい!

2019/04/16

4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事〜眩しさの中に君がいた〜

公演名:4.10中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事〜眩しさの中に君がいた〜

公演日:2011年4月10日

一言メモ:早見あかりの卒業ライブ

これまで6人体制でやってきたももクロから中心人物だった「早見あかり」が卒業するライブ。

ライブでは代名詞である全力パフォーマンスを終始見せてくれます。

そして、ライブの後半の脱退セレモニー。

それぞれのメンバーが早見あかりとの思い出を語るシーンは、みんなが涙。

こちらも涙。

なお、このライブ終了後に最後にメンバーにも事前に知らされていなかった「ももいろクローバー」から「ももいろクローバーZ」への改名という衝撃の発表がなされますw

DVD・Blu-ray(ブルーレイ)の特典映像で、解明を知らされていない&受け入れられないメンバーとスタッフの口論を観ることができるので必見です。

涙から衝撃と笑いが押し寄せてくるなんとも不思議な感情をいただくことができるおすすめのライブです。

ちなみにライブには、モノマネ芸人さんの神奈月さん、プロレスラーの武藤敬司選手が特別ゲストとして登場します。

ももクロ春の一大事2012 〜見渡せば大パノラマ地獄〜

公演名:ももクロ春の一大事2012 〜横浜アリーナ まさかの2DAYS〜

公演日:2012年4月22日

一言メモ:アリーナ中央にステージを配置する攻めた演出

ももクロ春の一大事2012 〜横浜アリーナ まさかの2DAYS〜は、1日目の「ももクロ☆オールスターズ」、2日目の「見渡せば大パノラマ地獄」の2日間とも全く違った演出のライブで構成。

その2日目の公演。

このライブは、アリーナ中央に円形ステージを配置し、360度全方向からファンが見ているというステージ構成で、バックダンサー・ゲストなしという、本当に「ももクロ」の力を試したライブとなっています。

ライブは最初からトップギア。

ライブで盛り上がる曲ランキング1位、2位を争う「Chai Maxx(チャイ・マックス)」を1曲目に持ってくるという攻めたセットリスト。

その勢いのまま、その360°全方向へ全力パフォーマンス。

ももクロの力を示したこの時点できる最高のライブとなった思います。

そして。。。

ライブの最後、メンバーのあいさつの時に自然と巻き起こる「世界のももクロNo.1」コール。

モノノフからの自然と湧き上がったコールに、メンバーが思わず涙します。

それほど最高のパフォーマンスを魅せてくれた最高のライブでした。

White Hot Blizzard ももいろクリスマス2013 美しき極寒の世界

公演名:White Hot Blizzard ももいろクリスマス2013 美しき極寒の世界

公演日:2013年12月23日

一言メモ:国立競技場ライブ発表

まさかの冬に西武ドームでのライブを決行!

西武ドームはドームといっても横が吹き抜け状態なので、会場内の最低気温4度!

White Hot Blizzard!

美しき極寒の世界!

極寒!

このライブ後半に、次のライブの会場が「国立競技場」である旨が発表されました。

この時、国立競技場が改修される予定であったため、目標であった国立競技場でライブができるのはモノノフさん含め、本当にビックリする衝撃の発表でした。

発表の方法もとても素敵で、ももクロよりも前にモノノフさん(ももクロファンの総称)に事前に告知がされ、ももいろクローバーZのライブ恒例となった松崎しげるさんの「愛のメロディー」を一緒に合唱する形で、ももクロに伝えるというサプライズ演出がされました。

こういった演出もあり、ももクロは大号泣!

モノノフさんとともに一緒に夢の実現を喜びあったのです。

ちなみに国立競技場でのライブは、この時、女性グループでは初となる快挙。

そしてあの伝説の国立競技場のライブ「ももクロ春の一大事2014 国立競技場大会〜NEVER ENDING ADVENTURE 夢の向こうへ〜」に繋がっていくのです。

ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-

公演名:ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-

公演日:2018年5月22日・23日

一言メモ:ももクロ結成10周年ライブ

結成10周年ライブ。

これより前に実施したドームツアーでも東京ドームではライブをしてこなかったももクロのはじめての東京ドーム公演!

タイトルにある「桃響導夢」は「東京ドーム」と読みますw

なかなかいい当て字だと思います。

そして何と言っても。

同年1月にメンバーの「有安杏果」が突然の卒業発表&卒業。

結成10周年にして、はじめての4人体制でのライブです。

ライブでは、これまでの10年間が丸わかりできるメドレーを披露し、最近では楽曲が増えたため、ライブではなかなか聴くことができなかった懐かしい楽曲も聴くことができます。

ももクロにとって強力なパフォーマーだった「有安杏果」なしでもやっていけると感じさせるライブを魅せてくれます。

涙は2日目のライブの最後の挨拶。

メンバーそれぞれがこれまで10年間の思いとこれからのことを涙ながらに語ります。

10周年記念ライブということもあって、これまでに脱退していったメンバーにも触れる語りもあり、今伝えたい思いを涙ながらに語ってくれているんだなと思います。

注目は、リーダーの百田夏菜子。

さすがのコメントを残してくれます。

このコメントは、実際にライブを観た後に聞いて欲しいのですが、どうしても我慢できないという方は、観てください。我慢できる人はぜひライブでw

ちょっといい人ぶると、みんなが笑顔になる理由が私たちじゃなくてもいいって本気で思うんです。でもちょっとだけ欲を言うと、その理由が私たちだったらいいな、なんて思います。みんなにもっと笑顔を届けられるように、みんなともっとたくさんの景色が見られるように、歩いていけたらいいなと思います。私たちのこれからに興味あるよって人! よし、お前ら全員付いて来い!

音楽ナタリー

こんな決意を語られたらこっちも涙してしまいます。

これからもずっと追いかけます!

と本気で思わせてくれるそんなライブです。

最後に

今回はももクロが涙するライブを紹介しました!

ももクロのいろんな表情を観てももクロのことを好きになってくれる人をもっと増やしていきたいと思います!