【2020年】春の甲子園の日程、出場校は?予選はいつ?選抜高校野球(センバツ)を楽しもう!

2020年 春の甲子園はいつ開催?予選はいつから?選抜高校野球(センバツ)を楽しもう!

春の選抜高等学校野球大会、通称「センバツ」。

2020年は第92回目の大会で年号が「令和」に変わってから初の開催となる記念大会です。

2020年の開催日程、センバツの出場校の決め方など、センバツに関する情報を解説します!

センバツの知識をつけて高校野球をもっと楽しみましょう!

センバツ開催日程

2020年のセンバツ開催日程は、11月頃に決定予定です。

2020年春のセンバツ開催日程
2019年11月を待て!

2020年は東京五輪が開催されることから例年とは異なる日程で開催されることが予想されます。

ちなみに2019年は、3月23日(土)に開幕し、4月3日(水)に決勝といった日程でした。

平成最後の選抜高校野球

2019年に開催された平成最後の選抜高校野球は、東邦(愛知)が習志野(千葉)を破り、5回目の優勝を果たしました!

東邦のセンバツ高校野球優勝はなんと5回で最多。

しかも、平成最初の大会も東邦が優勝しているため、平成の最初と最後の大会を東邦が制するといった記録にも記憶にものこる優勝となりました!

次の第92回目となる春の選抜高校野球は令和初の大会となります。

令和初はどこの高校が優勝するのでしょうか。

とっても楽しみです。

出場校はどうやって決まるの?

センバツは夏の甲子園と違って地方予選はありません。

では、どうやって出場校が決まるのでしょうか?

それは、秋季地区大会の成績を参考に出場校を選出します!

出場枠は、各地域・県で決まっています。

出場枠
  • 北海道…1枠
  • 東北…2枠
  • 関東・東京…6枠
  • 東海…2枠
  • 北信越…2枠
  • 近畿…6枠
  • 中国・四国…5枠
  • 九州…4枠
  • 21世紀枠…3枠

合計:32校の高校が出場!

※「関東・東京」は関東が4枠、東京が1枠。残りの1枠は「関東・東京」のどちらかから選出。

※「中国・四国」は中国が2枠、四国が2枠。残りの1枠は「中国・四国」のどちらかより選出。

全部で32校がセンバツ大会に出場することができます。

また夏の甲子園とは異なり、すべての県から代表が選ばれるわけではありません。