プログラミングって楽しいけど難しい。英語を喋るのに似ている。週末プログラマー日記vol.003

週末プログラマー日記のアイキャッチ画像

「週末プログラマー日記」は、プログラミング初心者である34才のオジさんが、週末に「Python」というプログラミング言語を学んで、プログラマーとしてお仕事ができるようになるまでの悪戦苦闘の日々を記録になるはずである。

今回は、初心者本を読みながら淡々と勉強する日々について。

週末プログラマー日記のアイキャッチ画像

「Python」を学ぶための環境構築&エディタ選定!週末プログラマー日記vol.002

2019/09/29

本を読んで書く日々

最近、毎日のように初心者用Pythonの本を読みながら、パシパシっとプログラムっぽいものを書いているけど、要領と飲み込みがいい方ではないのはわかってはいたが、思っていたより頭に入ってこない!!

プログラムを書いて、想定通りの結果がくるのはとても楽しい。

だけど、本に書いてあることをただただ書いてるだけで、いつかなにか自分の作りたいものが作れる感じが感じられない!

「Python」なのか「プログラミング」というものなのかの全体像が全然見えてこない!

というか何かを作るのに全体像は見える必要はあるのだろうか?

世の中のプログラマーと呼ばれている人たちは、なにができて、どこまでを理解しているとそう呼ばれるようになるのか。

プログラミングは英語に似てる

私の中でプログラミングとは、「プログラミング言語を操って、やりたいことをできるようにする」ことと思っている。

そう、言語を操れないといけない。

言語。遠い昔に学校で「英語」の勉強したなー。

今やっている勉強はまさしく、英語の勉強に似ている気がする。

が話せる人と、英語で会話するのに似ている。

英語の単語だけ覚えても、英語は話せない。って感覚に似ているかも。

英語も単語を知らないと喋られないわけで。

プログラミング言語がわからないと、プログラミングができない。

今はひたすら、関数とかモジュールの使い方とかメソッドとか引数がなんだとか戻り値がこうだとか、英語でいう単語や文法をインプットする日々。

(↑ひとまず、なんとなく覚えた単語を書きなぐっただけ。)

そうすることでいつか英語のようにスラスラ喋れるようになるかな。

※過去、英語をスラスラ喋れたことはありません。

ふと気づいた矛盾。

英語って単語と文法覚えただけで喋れるようになったっけ?

ならない。

英語を喋れるようになるには、英語でいろんな人と喋らないと!

もちろん、単語も覚得ることも大切だけど。

何かを作るということもやってみる

何かを作るていくことも同時にやっていくか。

単語を覚えながら、いろんな人と会話することにします。

作りたいモノはなんとなくイメージにある。

これを膨らませて、作り出すことも同時にはじめることにする。

まぁダメだったらまた考えればいいじゃない!

ということで、

2019年内中に自分で考えた動くものをリリースします!

それが今の目標。

ご意見・アイデア募集!

週末プログラマー日記では、ご意見やアイデアを募集しています!

  • こんな開発して欲しい!
  • こんな機能あったら面白いのでは?

その他にも本日記に関する感想などもお待ちしております!