登録抹消?支配下登録って何?よく聞くけど、わからないプロ野球用語を解説!ドラフト会議の前までに理解しよう!

登録抹消?支配下登録って何?よく聞くけど、わからないプロ野球用語を解説!

日本のプロ野球に少し興味がある方は、「登録抹消」という言葉を聞いたことがあると思います。

「登録抹消」と同時に「登録抹消」という言葉も一緒に聞く機会があると思います。

今回はこの「登録抹消」と「支配下登録」について解説します!

よく聞くけど、わからない用語を理解してプロ野球をもっと楽しもう!

ドラフト会議のルールを知ると野球がもっと面白くなる!

【2019年版】今年の開催日時はいつ?放送日程は?ドラフト会議のルールを知るとプロ野球がもっと面白くなる!

2019/07/23

支配下登録

正式には「支配下選手登録」といいます。

支配下選手登録とは、ざっくり説明すると一軍と二軍に選手を登録することをいいます。

支配下選手登録は最大70人で、出場選手数(一軍)は28人、試合のためにベンチ入りできる選手は、さらに出場選手数(一軍)中の25人となっています。

登録抹消

一軍の登録から抹消する(二軍へ落とす)ということです。

1軍の選手登録枠に28名までです。枠に制限があるため、選手が怪我をした場合などに登録抹消を行います。

登録抹消にはルールがあります。

登録抹消された場合は、その日を含めて10日間は1軍への再登録ができません。

ここでチーム事情や戦略が見えるわけですね。

なお、登録抹消に関する情報は日本プロ野球機構(NPB)の公式HPから確認することができます。

「支配下登録」と「登録抹消」のルールを理解しておくと、チームごとの戦略や事情などが垣間みえて非常に面白いです!

ぜひ、「支配下登録」と「登録抹消」の言葉を注目して聞いてみてください!

ドラフト会議のルールを知ると野球がもっと面白くなる!

【2019年版】今年の開催日時はいつ?放送日程は?ドラフト会議のルールを知るとプロ野球がもっと面白くなる!

2019/07/23