プロ野球でよく聞くOPS/FIP/WARとは?なんとなく理解するセイバーメトリクス!【初級入門編】

セイバーメトリクスを何となく理解する!

プロ野球を観ていると打者を評価する「打率」、投手を評価する「防御率」などの言葉をよく耳にします。

最近はそう言ったものに加えて、「OPS」「FIP」「WAR」など新しく聞く単語も増えてきたと感じます。

これらは「セイバーメトリクス」という指標で、野球に関するデータを統計学的に分析し、選手の能力や評価、それらからチームの能力を把握して、戦略を考えるための分析手法です。

セイバーメトリクスを知っていると野球を見る目が少し変わります。

ということで、もっと野球を楽しむために私と一緒にセイバーメトリクスについて学んでみませんか?

学ぶと言ってもセイバーメトリクスは算出手法が難解で、理解するのがとても難しいです。

なので、本ブログでは細かいことを割愛して「何となくわかった!」「理解した気になれた!」レベルを目指します!

目標はあくまで野球をもっと楽しめるようになること!

ということで、「何となく理解するセイバーメトリクス入門」開幕です!

【間違い率No.1】長打率の計算方法を解説!

長打率の計算方法を解説!野球のルールを知るともっと野球が楽しくなる!

2019/09/06

セイバーメトリクスとは?

まずは、簡単にセイバーメトリクスについて。

最近聞くようになった気がしますが、実は1970年代には提唱されていました。

それは、野球を統計学的に評価するため、これまでの野球の常識とは異なる結果となることもしばしばあり、当初は批判的だったみたいです。

わかりやすい例だと「チャンスを広げるために送りバントでランナーを進めるは間違い。」などがあります。

現在も「野球はデータではなく人間がプレーするもの」といった考えの人からはあまり好意的には思われていないとか。

セイバーメトリクスを何となく理解しよう!

では、セイバーメトリクスを何となく理解していきましょう!

今回は、セイバーメトリクスの中でもよく聞く「打者の評価」「投手の評価」「選手の総合的な評価」を測る代表的な指標をそれぞれ1つずつ紹介します。

【打者の評価】OPS

「オプス」「オーピーエス」などと読みます。

OPSは、「出塁率+長打率」で算出される打力を示す指標で、セイバーメトリクスの中では比較的簡単に算出することができます。

出塁率が「0.300(3割)」、長打率が「0.400(4割)」の打者の場合、OPSは「0.700」になります。

一般的に、OPSが「8」を越える打者は優秀と評価されます。

ちなみに日本プロ野球のシーズン最高OPSは、ホームラン王の「王貞治」選手で、なんと「1.29」。

OPS一言まとめ

「出塁率+長打率」で算出、「0.800」を越えると優秀!

【投手の評価】FIP

読み方は、「エフアイピー」。

FIPは、投手に責任のある「与四球」「被本塁打」「奪三振」を元に激ムズな数式の元、算出される擬似的な防御率で、実際の防御率より投手の純粋な能力を図る指標として使われます。

ゴロやフライの処理は、守っている人の守備力や運的な要素も含まれるため、の投手に責任のある「与四球」「被本塁打」「奪三振」を元に算出します。

FIP一言まとめ

FIPは擬似的な防御率!

【選手の総合評価】WAR

「ウォー」と読み、最も重視されている指標といっても過言ではないです。

計算方法は激ムズなので割愛しますが、「投球」「打撃」「守備」「走塁」を総合的に評価し、得点にどれだけ貢献したか?失点を防ぐのにどれだけ貢献したか?を算出し、控え選手が出場する場合と比較して、どれだけ勝利数を増やしたか?がわかります。

要はチームの勝利貢献数みたいなものです。

2018年のセ・リーグとパ・リーグのトップ3はこちら。

2018年WARトップ3(セ・リーグ)

順位選手名チーム名ポジションWAR
1山田 哲人ヤクルトセカンド9.4
2丸 佳浩広島センター7.6
3菅野 智之巨人ピッチャー7.0

2018年WARトップ3(パ・リーグ)

順位選手名チーム名ポジションWAR
1柳田 悠岐ソフトバンクセンター8.0
2秋山 翔吾西武センター6.4
3源田 壮亮西武ショート6.3

例えば、山田選手はチームに9.4分の勝利数に貢献できた!と言えるのです。

WAR一言まとめ

WARは貢献した勝利数!選手の総合評価!

最後に

いかがでしたか?

セイバーメトリクスを知っていると、いつもと少し違った角度で野球を見ることができ、もっと野球を楽しむことができると思います。

甲子園が終わると次は「ドラフト会議」のシーズンです。

各球団がどのウィークポイントを補うか、セイバーメトリクスの指標から導き出し、どういった選手を指名するのか?を予想しながらドラフト会議を見ると、いつも以上に楽しめるかもしれません。

なお、セイバーメトリクスについては、「Essence of Baseball」さんのサイトで最新情報を入手することができます。

【間違い率No.1】長打率の計算方法を解説!

長打率の計算方法を解説!野球のルールを知るともっと野球が楽しくなる!

2019/09/06
ドラフト会議のルールを知ると野球がもっと面白くなる!

【2019年版】今年の開催日時はいつ?放送日程は?ドラフト会議のルールを知るとプロ野球がもっと面白くなる!

2019/07/23