【電動の鼻水吸引器】メルシーポットではなくピジョンを購入した理由は「洗いやすさ」!

電動鼻水吸引器

鼻をフガフガさせて、息苦しそうにしている我が子をなんとかしたい!

そんな時に、電動の鼻水吸引器があることを知りました。

検討の結果、ピジョン(Pigeon)さんの「電動鼻吸い器」を購入しました!

今回は検討から購入に至るまでを紹介します!

電動の鼻水吸引器を検討する

ピジョン電動鼻水吸い器にメルシーポットの拡張ノズル「ボンジュール プラス」が使える!

ピジョン電動鼻水吸い器にメルシーポットの拡張ノズル「ボンジュール プラス」が使える!

2019/11/11

子どもの鼻フガがかわいそうで、手動(親の口で吸う)タイプの鼻水吸引器を購入したのですが、

  • あまり鼻水が吸えない
  • ってか、どれくらいの力で吸えばいいのかわからない!
  • 強く吸うのがこわい!

といった理由で使わなくなり、「子どもの鼻フガフガが気になったら耳鼻科に通う」という日々が続いていました。

フガフガを見るとかわいそうだから、すぐ取ってあげたい!

けど、耳鼻科に行くのは結構大変。

そんな時に、電動の鼻水吸引器が便利!と、友人に教えてもらいました。

ただ、電動の吸引器はお値段がお高い!

お値段は、1万円ちょっとします。

鼻水吸うだけで1万円。。。ってどうなの?

が、正直な気持ちでした。

そんな時に購入の背中を押す1つの記事に出会いました!


鼻水を取るだけなのに……と思ってたけど、会社員の時給を2,000円と仮定し、メルシーポット1回で病院に行っていた1時間を節約できるとすると、6回で元が取れる。そう考えると安い買い物ですね。

それどこ

た、、、確かに!

こちらの記事を読ませていただいた結果、すぐに買うことを決意しました。

電動鼻水吸引器で一番人気は「メルシーポット」?

電動の鼻水吸引器でどれを購入しようか。

周りの子育て世代の圧倒的一番人気は、Baby Smileさんの「メルシーポット」。「メルシーポット」を利用している家庭がほぼ100%といっても過言ではないくらい利用率が高く、そして評価も高いです!

そんな周りのオススメを振り切り、我が家が購入したのは「ピジョン」の「電動鼻吸い器」でした!

色々ご意見くださった皆さんごめんなさい。

なぜピジョンの「電動鼻吸い器」を選んだのか?

それは圧倒的に「手入れが楽」ということ!

これに尽きます。

ピジョンの「電動鼻吸い器」は鼻水キャッチャーというパーツの一部だけをお手入れすればいいのです!

ピジョンの「電動鼻吸い器」ここだけ洗えばOK!
ピジョンの「電動鼻吸い器」ここだけ洗えばOK!-2
ピジョンの「電動鼻吸い器」ここだけ洗えばOK!-3

そのほかに気にしたポイントは「吸引力」。

大絶賛されているメルシーポットとほぼ同じ!

こうしてピジョンの「電動鼻吸い器」を購入することにしたのです。

ちなみに、ピジョンの方が重くてでかいです!

ピジョンメルシーポット
性能(吸引力)-30kPa〜-80kPa耳鼻科同等-83kPA
商品重量1,370 kg798 g
梱包サイズ21.3 × 16 × 14.3 cm23.5 × 9 × 16 cm

※Amazonより

まぁそれほど頻繁に移動するわけでも、メルシーポットと比べて大き過ぎるわけでもないので、「ピジョンがいいじゃん!」という判断になりました。

ちなみに大きさはこれくらいです。

ピジョンの「電動鼻吸い器」の大きさ

実際に使ってみた感想

「もっと早く買っておけばよかった!」

この一言に尽きるくらい大満足です!

ピンセットでは取りきれなかった奥に潜んでいる鼻水を、「シュゴッ!」と吸い取ることができるようになりました。

子どもがフガフガしているのを解消できるので安心です。

少しでも購入に迷われている方がいるのであれば、お伝えしたいです。

「電動の鼻水吸引器は子育て必需品で、購入するべき!」

本日はこれまで。

ピジョン電動鼻水吸い器にメルシーポットの拡張ノズル「ボンジュール プラス」が使える!

ピジョン電動鼻水吸い器にメルシーポットの拡張ノズル「ボンジュール プラス」が使える!

2019/11/11