ジョイントマットより便利?「ふかぴた+イブル(ラグ)」で赤ちゃん用のスペースを作った!

「ふかぴた+イブル」で赤ちゃん用のスペースを作ってみた!

我が子がまもなく生後4ヶ月を迎えます。

ただいま、絶賛寝返りコロコロ中!

これまではコロコロがなかったので、赤ちゃんの身体一個分ちょっとサイズの長座布団に寝かせていたのですが、寝返りをはじめたことで長座布団からフローリングに転がってしまう問題が発生…そこでより広くて安全な赤ちゃん用スペースを作ることにしました!

やっぱり定番はジョイントマット?

赤ちゃん用スペースでよく聞くのが「ジョイントマット」。

「ジョイントマット」は、

  • クッション性が高いので転んでも安心
  • 買い足すことで簡単にスペースを広げられる
  • 汚れたり傷ついたりした部分だけ交換ができる

といったメリットがあります。

その一方で、

  • つなぎ目にゴミが溜まる
  • 洗った後に干す場所を確保するのが難しい

などのデメリットも。

赤ちゃんは汚すのが仕事!掃除の頻度を考えるとジョイントマットは面倒そうだったので我が家では採用を見送りました。

我が家では「ふかぴた+イブル」!

清潔に保ちやすく、かつほどよいクッション性がほしい!
なにか良いものはないのか…ということで我が家では
低反発のマット+ラグを使って赤ちゃん用スペースを作ることにしました!

いろいろ調べてみて「イブル」というキルトマットを購入。

決め手は、

  • 丸洗いできること
  • 乾きやすいこと
  • つなぎ目がないこと
    (これからずりばいやはいはいが始まっても痛くないように)
  • 手触りが良いこと

です!ただ、このラグだけだと薄いため寝かせるには心配。

また、薄いラグはそのままフローリングに敷くとすぐずれてしまうため合わせて「ふかぴた」というラグの下に敷く低反発のマットを購入しました。

下に敷くだけで、厚みのあるラグに変身させられる優れもの!裏にはしっかり滑り止めもついています。
汚れても上のラグだけ洗えばいいのでお手入れも楽チンです。

実際に設置してみた

今回購入したサイズはこちら。
・イブル 200×200
・ふかぴた 170×170
上のラグが少しだけ大きいので折り込んでいます。

「ふかぴた」を敷いたことでずれることがなくストレスフリー。

ラグの肌触りもよく、赤ちゃんも広いスペースで自由に寝返りができて楽しそうです!

最後に

今の所、素材・サイズ感にはとても満足しています!

思っていたより「ふかぴた」が薄い!と感じました。
これから今よりもっと暴れ出すので、防音には不安があります…。

より厚みのあるタイプもふかぴたシリーズ内で販売されているので、もう少し成長したらそちらへの買い替えも検討しようかなと思います!